育て方について

植物

下準備から植え付け

ガーデニングを初めて挑戦する方の為に、植物の基本の育て方を紹介していきます。まずは、下準備で鉢や用土、元肥や肥料を揃えます。これらは通販で簡単に購入することができます。次は植え付けで、土は鉢の縁から2cmを目安に入れてください。そして種や苗を間隔をあけて植えます。

カットから水やり方法

植え付けてから新芽が出たら摘芯の時期です。鉢から飛び出ている新芽もカットします。次は水やりのタイミングについて紹介します。土表面が乾いてきたころが水やりのサインです。植物にかからないように、土に直接水をあげて下さい。

花を咲かせ続ける

花の健康を保つためには、肥料はかかせないアイテムです。肥料は葉や茎に、直接触れないように気をつけましょう。次は咲き終わった花を摘む作業です。しぼんでしまった花は、次の花を咲かせる為にも花茎うから摘むのがベストです。

リセットの時期

花の数が減ってきたら、リセットの時期です。もう一度きれいな花を咲かせるために、残った花をカットしていきます。鉢のラインに沿って、枝ごと花をカットして下さい。

詳しい水やりの基本

水やりの決まりごと

簡単に思える水やりですが、決まりごとがあります。基本的に土の表面の状態を確認してから、どれくらいの水をあげるのかを決めます。土が乾燥していたら土に直接水を与えて、鉢底から水が流れるまでを目安にかけてください。

吸収量の違い

植物の水の吸収量は、季節や用土によっても変わっていきます。そのために、土の表面の乾き具合を見て正しく水やりをすることが大切になるのです。鉢底から溢れる量の水を与えるのは、新鮮な空気を送り込むためです。

時期や環境に合わせる

植物の成長時期の夏には、水を多めに与えて冬は回数を控えるのが基本的な流れです。また、高層住宅などで育てる場合は思いの外、乾燥しやすいので水が不足しないように気をつけましょう。

虫の防止効果もある

花本体に水を直接かけてしまうとシミの原因になる場合があるので、なるべく避けましょう。しかし、マンションなどのベランダは乾燥しやすいのでたまに葉の全体に水を与えてあげましょう。葉に水をかけるので、ハダニ防止の効果も得られます。

事前の準備

夏に家を留守にして水やりができない状況になった時は、水をいれたトレーに鉢を置きましょう。数日間は水やりがなくても保てます。

広告募集中